「人の心に寄り添って」 -インナーチャイルドカードセラピスト養成講座で学んだこと-


今日は、インナーチャイルドカードのレッスンがありました。昨年10月から始まったインナーチャイルドカードセラピスト養成講座も、今日のレッスンでインナーチャイルドカード(大アルカナ22枚、小アルカナ26枚)全ての学習が終わりました。これでインナーチャイルドカードセラピストの認定書がもらえます。


私は、もともと先生のラファエラさんのクライアントでした。ラファエラさんは、いつも私の気持ちに寄り添ってセラピーをして下さいました。ご自分の意見を押しつけたり、弱っている私を非難したりされませんでした。


私は、だんだんインナーチャイルドカード自体にも興味を持ち始めました。正直なところ、「セラピーをうけるのもセラピスト養成講座に参加するのもラファエラさんに話しを聞いてもらえるのは同じだから」と軽い気持ちで、セラピスト養成講座を受け始めました。


でも、インナーチャイルドカードセラピスト養成講座を受けて本当に良かったです。まず、インナーチャイルドカードセラピーへの理解が深まりました。毎回のレッスンで時間をかけてカードの説明を受けながら、そのレッスンで、私の気持ちは、セラピーを受けている時以上に安らいで、落ち着いて行きました。


まだ、メインカードである、大アルカナの学習が終わると、友だちに協力してもらってセラピーの実践練習をしました。自分のインナーチャイルドカードセラピーで友だちが明るい表情になり、「気持ちが楽になった」「心が軽くなった」と言ってもらった時、本当に嬉しく、私の心も軽くなりました。


毎回、楽しみに通っていたレッスンも今回で一旦終了です。本当に楽しかった。ラファエラさんには、心から感謝しています。いろいろなことを教えて頂きましたが、「人の心に寄り添う」ことを教えて頂いたことが、一番、大きかったと思います。


卒業後もブラッシュアップ講座を受けて、プロフェッショナルのインナーチャイルドカードセラピストとして活動して行きたいと思っています。


*これは、2016年3月28日にインナーチャイルドカードセラピスト認定書を頂いた時に、私が書いたブログです。

村川久夢インナーチャイルドカードセラピー京都

インナーチャイルドカードを使って、あなたの心の奥底にある希望や恐れを見つけてもらうセラピーです。本心がわからなくなった時、自分の心を見つめ直し整理したくなった時、どうぞ相談にいらして下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000