愛のカードなのに悲しみが~ヘンゼルとグレーテル~

私が、インナーチャイルドカードセラピーの

セラピスト養成講座に通っていた時のことです。

養成講座では、一枚ずつカードの印象を書き、

カードが意味することを丁寧に教えてもらっていました。


大アルカナ6番のカード、

「ヘンゼルとグレーテル」を学習していた時のことです。


ヘンゼルとグレーテルのカードは、

「恋愛の始まり」「結婚にも通じる愛のカード」なのです。

でも私は、このカードの印象をこんなふうに書いています。


「私と弟は、田舎の祖父母の家に来ていて、散歩に出かけます。

京都の家の近くでは見られない、大きな森に来て、

珍しい小動物を眺めています。でも、私は内心、

京都の家に居る両親の経済状態を心配しています。

弟が、お菓子の家を見つけて、『食べに行こう!』と誘いますが、

私は勝手に食べていいのかどうか、迷っています」


私は、この時、すっかり忘れていた幼い日のことを

急に思い出したことを覚えています。

私が幼かった頃、わが家は、祖父・両親・叔母夫婦で

零細な靴の受注生産を生業にしていました。

景気の良かった時もあったようですが、

大企業の大量生産に押されて、家業は先細りでした。


ある時、職場にしている部屋で父と遊んでいると、

母が血相を変えてやって来ました。

「あんた~!もう貯金がないで!職人さんにどうしてお給料払うんや!」

と貯金通帳を握りしめて叫びました。

優しい温厚な父は、困り切った顔で黙っていました。


幼かった私には、強烈な光景でした。

「うちには、お金がないんや・・・」


もともと私は、聞き分けの良い子でしたが、

それ以降は、一層、両親のことを気づかうようになりました。

デパートで可愛い服を見ても、可愛いお人形を見ても、

美味しそうなお菓子を見ても、

決して買って欲しいと言わなくなりました。言えませんでした。


家族で母方の祖父母の家に遊びに行く日のことです、

当時の私にとって待ちに待った楽しい日でした。

でも、私の心の中には「うちには、お金がない、お金がない」

と言う心配が渦巻いていました。


駅のプラットホームで電車を待っていると、

父がサンドイッチを買って来てくれました。

とても、美味しそうなサンドイッチでした。


私は、優しい大好きな父が、私たちに食べさせようとして、

盗んできたのではないかと心配で、心配で、

サンドイッチが、喉を通りませんでした。


私は、ヘンゼルとグレーテルのカードを見て、

心に浮かんだエピソードを話しながら、涙が止まりませんでした。


私は、いつも両親を気づかっていました。いつも我慢していました。

それが良いことだと信じていました。すっかりそれが当たり前になって、

私の性格になってしまったようです。


「自分の気持ちを押し込んで、ずっと生きづらい思いをしてきた原因の一端が、

ここにあったのかもしれないな・・・」


そのことがわかると、私は少し気持ちが楽になり、

スッキリ出来たように思いました。

こうしてインナーチャイルドカードセラピーで自分と向き合わなかったら、

きっと気が付かなかったでしょう。


愛のカード、「ヘンゼルとグレーテル」を学習した時のエピソードです。



*村川久夢インナーチャイルドセラピーのご予約お申し込みは、こちらから

      <ご予約お申し込み>

村川久夢インナーチャイルドカードセラピー京都

インナーチャイルドカードを使って、あなたの心の奥底にある夢や希望や本心を見つけてもらうセラピーです。本心がわからなくなった時、自分の心を見つめ直し整理したくなった時、どうぞ相談にいらして下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000