自分を責めないで!~自分に向ける刃は何よりも鋭い

インナーチャイルドカードセラピーのセッションでとても良いカードを引いたのに、

私は、それを素直に受け入れられない時がありました。


「良いカードを引いたのに、私はそれを信じられへん。

私はなんて性格が暗いのやろう。だから私は、アカンのや・・・」


そんな風に自分を責めてしまっていました。

今、振り返ると、その時の私はとても辛い状況にあって、疲れ切っていました。

何でも自分の責任のようにとらえていました。自分を客観的に見る余裕は、

全くありませんでした。


真面目で責任感の強い人は、そうなりやすいように思います。


自分を責める自分は、誰よりも辛く厳しく自分に当たります。

一時の猶予も与えず、自分を責め続けます。

ボロボロでヘトヘトになってしまうくらいに。


その時、私はあるエピソードを思い出しました。

私は、夫に死なれて鬱が悪化して、一日中寝てばかりいた時期がありました。

高齢の父が、私の面倒を見てくれました。

その時、私は、寝てばかりいる自分が情けなく、自分自身を責め続けていました。

その時、父がこう言ってくれました。


「寝たかったら、なんぼ寝てもええんやで。

何か食べたい物とか、欲しい物があったら言いや」


私は、涙が出るほどありがたいと思い、ほっとしました。


そうだ、あの時、父が私に言ってくれた言葉を、

今度は、私が私自身にかけてあげよう。


「疲れて眠りたかったら、なんぼでもねたらええんやで」

「休みたかったら、休んだらええんやで」

「食べたい物食べて、欲しい物かったらええんやで」


自分を責め続けて疲れ果てている自分に、

ねぎらいの言葉をかけてあげようと思いました。


良いカードを引いてもネガティブにとらえてしまうことも、その時の気持ちの反映です。

なぜ、良いと思えないのか、考えることで少し自分を客観視できますよ。


でも、決して自分を責めないで!!


自分に向ける刃は何よりも鋭く自分を傷つけてしまいます。

自分をねぎらってあげてください。

自分に責められ続けて疲れ果てている自分の心をいたわってあげて下さいね。



*村川久夢インナーチャイルドカードセラピーご予約お申し込みはこちらから。

     <ご予約お申し込み>

村川久夢インナーチャイルドカードセラピー京都

インナーチャイルドカードを使って、あなたの心の奥底にある希望や恐れを見つけてもらうセラピーです。本心がわからなくなった時、自分の心を見つめ直し整理したくなった時、どうぞ相談にいらして下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000